ルーシー・フォスター Ruthie Foster bio-discography

October 1, 2018

テキサス州の南東部に小さな町ボラゾス・ヴァレー生まれのアフリカン・アメリカン。幼少の頃にラジオから流れるゴスペルとブルーズに魅了されたルーシーは、14歳のときに地元(テキサス州ゴーズ)の聖歌隊ソロリストとして活躍。自身の人生が音楽を中心に廻っていくことを確信したという。コミュニティ・カレッジに進んだ彼女はオーディオ・エンジニアリングを学ぶ一方で、ブルース・バンドを結成。クラブやバーでの演奏を繰り返した。卒業後、海軍に入隊。そこでもルーシーはバンドを結成し、ファンクやポップスにも傾倒していく。除隊したルーシーはニューヨークにたどり着き、多くのフォーク・ミュージシャンとセッションを行っていた。それに興味を持ったアトランティック・レコードがルーシーとの契約に乗り出したが、彼女はポップ・スターには興味がなく、ルーツ・ミュージックを探求する独自の道を選択。1993年にはルーシーの母親が病を患いテキサスへと舞い戻り、ローカル・テレビ局の職を得ることになる。一旦はミュージシャンとしての生活からはなれるもののルーシーは1997年末、自主制作でアルバム『Full Circle』(01年に再発売)をリリース。ブルー・コーン・ミュージックと契約を交わしたルーシーは99年に『Crossover』、02年『Runaway Soul』、04年にライヴ・アルバム『Stages』、07年『the Phenomenal Ruthie Foster』 、08年『the Phenomenal Ruthie Foster/Stages』、09年『the Truth According to Ruthie Foster』を発表。その、沸々とあふれ出るエネルギーは留まることを知らないかのようである。

 

 

【similar】吉村瞳

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

August 30, 2019

February 3, 2019

February 1, 2019

Please reload

archive
Please reload