​アッシュ・グラウンワルド Ash Grunwald bio-discgraphy

September 30, 2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豪州メルボルンで南アフリカ人の父とオーストラリア人の母の間に生まれる。少年の頃からブルースに興味を持ち10代の頃はブルース一筋と言う筋金入り。足元のエフェクター類を駆使したビートや装飾音をベースに、ギターやハーモニカ等で色付け、そこへ渋いボーカルをかぶせるワンマン・バンドのスタイルは、21世紀のニュー・エイジ・ブルースマンと称される。父親譲りのドレッド・ロックスを振り乱し、ステージ上から観客を見渡す強く鋭い眼光、そして何よりも“暴走機関車”と称される大迫力のパフォーマンスは、観る者を圧倒し、引き寄せ、いつの間にかトランス状態へと導く。
地元豪州ではインディーながら10万枚以上のセールスを記録し、音楽フェスのオオトリを務めるトップ・クラスのアーティストとして大変な人気を誇っている。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

August 30, 2019

February 3, 2019

February 1, 2019

Please reload

archive
Please reload