いとうたかお bio-discography


1951年3月30日、静岡県引佐郡(浜名湖の北部)生まれ。 名古屋在住のシンガー・ソングライー。 1971年、大阪で始まった「春一番コンサート」にスタッフとして参加。 同年夏、第3回中津川フォークジャンボリーで加川良に自身が作詞・作曲を手がけた「あしたはきっと」の歌詞を渡し、高田渡が同曲を伝え聞いたことから、翌年、高田渡の2ndアルバム『系図』に収録。いとう自身もヴォーカルで参加する。 「春一番コンサート」には1972年からシンガーとして参加。またそのころ、東京へ移り住み武蔵野タンポポ団のメンバーとしても活動するようになる。 1972年、キング・ベルウッドよりシングル・デビュー。翌年、同レーベルより1stアルバム『いとうたかお/this is the first album of takao ito』を発表する。

また音楽活動以外にも2007年5月にエッセイ集『小さな唄に手を引かれ』を、2008年5月に絵本『原っぱの中の原っぱ』(文・いとうたかお 絵・本間希代子)をビレッジプレスから出版。 2012年5月、出演映画 『マイ・ハウス』(監督:堤幸彦)が公開された。

いとうたかおHP:http://itotakao.kustos.ac/index.php

【discography】EP

1972 「あしたはきっと / かたつむり」(キングベルウッド)

1975 「ラブソング / こんなに不安なんだよ」(日本フォノグラム)

【discography】LP / CD

1974『いとうたかお/this is the first album of takao ito』(ベルウッド / ヴィヴィッド)

01. 水をいっぱい / 02. かたつむり / 03. バス・ストップ / 04. 眼をさますと / 05. まちぼうけ / 06. 位置を変えて / 07. 冷や汗 / 08. 19才 / 09. 東町から / 10.あしたはきっと / 11. 雨やどり / (CD bonus - single version) あしたはきっと

1976『Booking Office』(withセンチメンタル・シティ・ロマンス、ラニング・ベア)

01. 地平線 / 02. Love Song / 03. 風鈴 / 04. こんなに不安なんだよ / 05. 海抜3m / 06. 梅雨前線 / 07. またたき / 08. みちのり / 09. いきたいところがあるんだ / 10. ひつじ

1982『slow and through』